« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月26日 (月)

キルトショップバザール

ジェイアール名古屋高島屋のキルト日本展 キルトショップバザール

4月27日(火)が最終日です。

Dscn2148_2

初日から予想をはるかに上回る沢山の方にご来店いただきまして

誠にありがとうございます!

通信販売もおこなっておりますので気に入っていただけた方は是非ご利用くださいね。

2010年4月21日 (水)

報告(秋の作品展)

weep生徒のみなさま・・・weep

           Pot317

秋の展示会にむけて頑張ってキルティング・ピーシング

なさっていることと思います。

先日

県立美術館の抽選申込みがありましたが、残念ながら10月は外れてしまいました。

(どこかで、ホッと胸を撫で下ろしている人いたりして・・・?)

11月も続けて申し込み挑戦しま~~す。

秋の程よい時期に作品展が出来れば最高ですネ・・・。

11月は当選できますよう 皆さんもパワー送ってくださいね。happy01

          Pot317

2010年4月 3日 (土)

パターン バスケット

バスケットのパターンについてです。

Dscn7376

1838年メンダリオンキルトの中心にチンツを細く切ってかごをアップリケし、花をブロー

ドリー・パース手法で差し入れた作品が、スミソニアン博物館に残っています。   

1840年から1850年代のボルティモア・アルバム・キルトにも華麗な花かごが沢山あり

ます。これら初期のバスケットは、皆アップリケされていました。

パッチワークのバスケットが登場するのは1852年以降です

なかでも、有名なパターンは「南軍のバスケット」です。1861年、南北戦争が始まると

銃後を守る女性は夫や息子のためにキルトを縫ってバザーで売り、軍資金の一部に

寄付しました。南部に住むキルターのグループがバスケットのパターンで、南軍の為

に沢山のキルトを作って売ったので、この名前がつきました。

角や四角を合わせたバスケットや、かごの大小、花や果物など入れたもので違う

名前のバスケットが、約100種類あります。そのほとんどは、1930年以降に

キルトデザイナーが創作したものです。

バスケットがは、なぜか心を解きほぐします。人の手が丹念に編みあげてゆく

その手の温もりがこもっているからでしょう。

キルトジャパン誌 2005年3月/103号 

小野ふみえさん ”パターンにまつわる話”より

私にとってはスタンプバスケットのイメージが強いのですが、100種類以上のバスケットの

パターンがあるのは驚きです。

それだけ、バスケットが生活のなかに溶け込んでいたのでしょう。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

ツイッター:日々の情報を更新中!

リ ン ク

  • パッチワークパフのウェブサイトへ

    bannar.jpg

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

本日のおやつ

  • ブルーベリーパイ
    昼食後SWEETSをちょこっと食べています。
無料ブログはココログ